初 宮 詣  お子様の健やかな成長を願って…  

命の誕生
 子宝は神様のお恵みによって授けられるもの…。
 古来より、子供の出産から成長過程の最も大切な時期に、安産祈願
初宮詣七五三詣等のまつりが家族の儀礼として行われてきました。この人生儀礼を通して親は子供に愛情を注ぎ、子供はその家族・親族の愛情を一身に受け成長していきます。
 特に幼児期は、子育てで母と子が深く関わる最も重要な時期だといえます。


命 名
 人生で一番最初の儀式が、生後7日目(お七夜)にする命名です。
まずは家庭で神様に子供の誕生を奉告するため、赤ちゃんの名前を書いた紙を神棚にしばらく貼っておきます。
 名前にも流行が見られますが、両親や家族の願いや新生児の人生など、いろいろな思いを込めて名前を考えてあげて下さい。
 最近は当て字などひと目で読めない名前が多くなっていますが、文字には意味があり、性格や人格を表すものですから、あまり好ましくありません。
                                           →命名へ

初 宮 詣
 初めて神社にご挨拶するお祭りが、「初宮詣(お宮参り)です。
 誕生後、およそ30日前後から100日の間にお参りするのが一般的で、無事の出産を神様に感謝し、今後の健やかな成長と幸せをお祈りします。


 ご祈祷を受けられた方には、御神札、お守り、お食初めセット、お下り等を授与いたします。


 ◎受  付  午前9時〜午後4時30分


 ◎祈祷料  7、000円

 祭典や結婚式挙式中および混雑時には、
   しばらくお待ち頂く事もございますのであら
   かじめご了承下さい。

 〇時間外のお申し込みは事前にご連絡下さい。

お食い初め
 生後100日目に行なうのが一般的です。
 地方によって30日目や
120日目などに祝うところもあります。
 その日に行なわなくてはいけないということではありませんが、生後3ヶ月から4ヶ月は首もすわり、そろそろ母乳から離乳食に変わる時期ですから、それを目安にその前後の都合のいい日を選びお祝いするといいでしょう。


☆家族の役割☆
 子供を心身ともに健やかに育てるためには母親だけではなく、父親の役割や、家族との結びつきも大切です。
 父親は母親を支え子供に愛情を注ぎ、子供が健やかに成長する環境を与える事が出来ます。家族の心の絆が何よりも子供の成長を促してくれます。父親や他の家族との人間関係は、子供が成長して社会生活を送るための第一歩です。
☆地域社会の役割☆
 子供は成長と共に地域社会とかかわるようになります。共同体の中で様々な経験を積み、心身共に更なる成長を遂げます。
 子供が生まれると氏神様に(初宮詣)にいきますが、子供が無事に成長するようにお願いすると共に、地域社会の一員として認めてもらうという意味もあります。子供が無事に成長するためには、地域社会の力も必要です。
 子供達を愛情を持って見守り、時には厳しく注意する事は人生の先輩である地域社会の大人達の責任です。

その他のご祈祷や人生の節目のお祝いについては、「御祈祷の御案内」へお進み下さい。
足羽神社社務所 福井市足羽上町108 0776-36-0287