「夏越の大祓」と「茅の輪くぐり」


「大祓(おおはらい)
 「大祓」は太古伊弉諾尊(いざなぎのみこと)が不浄(ふじょう)に触れられたときに、海で禊(みそぎ)をされた故事に始まって以来、代々の朝廷において夏と冬の末期にこれを行うようになり、神社においては江戸時代頃より庶民のためにこれを広く行うようになりました。人々が日常の生活の中で、知らずに身についた罪穢(つみけがれ)を御神前で悔い改め、自分自身でお祓いをし、心身ともに清らかにする行事です。

 「夏越の大祓」は、正月から6月までの半年間の罪穢(つみけがれ)を祓い、梅雨の時期に多い流行病や疫病にかからず、暑い夏を健康で暮らせるようにと、永い歴史の中で育まれてきた深い信仰と、云われのある慣ならわしによって、「アシ」で作られた「茅輪」をくぐることから、特に当社では「わくぐり祭」と呼ばれ、古くより変わらずに伝えられてきている神事です。


「茅の輪(ちのわ)

  芽の輪の起源については「備後風土記逸文」に、善い行いをした蘇民将来(そみんしょうらい)が素盞鳴尊(すさのおのみこと)から「もしも疫病が流行したら、茅の輪を腰につけると免れる」といわれ、そのとおりにしたところ疫病から免れることができた、という故事にもとづいています.。

 当社の茅の輪は珍しく、足元にもう一つあり(普通は縦の輪のみ)、(横の輪)に入って(縦の輪)にうたれるという、禊(みそぎ)の形を表現していることから特殊神事に挙げられています。

 茅(かや)と葦(あし)で作った大きな輪、茅の輪はそれをくぐることにより、疫病や罪・穢れが祓われるといわれています(茅の輪くぐり神事)。

  茅の輪のくぐり方は、足元の輪の中に入り、小幣(こぬさ:自分の体を祓う茅で作った幣)を手に取り、古歌「みな月の夏越の祓する人は 千歳(ちとせ)の命(よはい)延ぶというなり」という歌を唱え、小幣でご自身の体を左・右・左と祓います。
 次に茅の輪を左方向にくぐり抜けます。同じように和歌を唱え、身体を祓い、次は右方向にくぐり抜けます。最後に同じように左にくぐります。(左右左と8の字を書くようにくぐる)


「人形(ひとがた)
 皆さんの身代わりになるのが人形(ひとがた)です。
人形にお名前、年齢を記し、息を吹きかけて魂を入れます。
また、お体の悪いところをなぞって人形に病を移します。人形は当日夕刻、無病息災・厄払の祈祷をし、足羽川に流します。
※「人形」は郵送でもお送り致しております。詳しくは社務所までお問い合わせ下さい。


「河原の大祓」










 神社での神事が終了してから、足羽川(つくも橋付近)にいたり、「人形」などを更にお祓いして、皆様の罪穢や病とともに川に流します。


 皆さんも、この日本伝統の神事にご参加になり、心身ともに清浄にされまして、日々を無事にお過ごし下さい。

大祓日程 6月30日

○茅の輪くぐり   午前9時〜午後8時半まで随時
                        (係りの者が、くぐり方をお教えします。)

○大祓式      午後6時より
 (人形祈祷)

○川原の大祓  午後9時より(足羽川河原・つくも橋付近)           「茅の輪守り」
                         (ご自由に参列できます。)             
                   

足羽神社社務所 福井市足羽1-8-25 0776-36-0287 メール