参拝の作法
参拝の心得
 私たちは、お正月や春秋の祭礼をはじめ、初宮参り・七五三・厄祓いのような人生の節目節目で神社に行って参拝します。そして、日々生かされていることを感謝し、五穀豊穣・家内安全・商売繁盛など様々な願いを神様にお祈りします。
 神社参拝の時、もっとも大切なことは、真心をこめてお参りすることです(神棚へのお参りでも同じ)。どう心を込めるかはお参りする皆さん各人各様ですが、神前での二拝二拍手一拝は、神様に誠の心を捧げるための「作法」の基本形です。全国神社の中には別作法の所もありますが、お陰を戴いていることに心から感謝して行うことが一番大切です。
 心を込めたお参りにより、「安心立命」心の平穏が訪れます。

手水の仕方
一.衣服を整え、軽く会釈をして鳥居をくぐり、境内に入ります。
   人の家に入る時も「御免ください」「お邪魔します」などと挨拶するのが常識です。
      神様の鎮まる神社に敬う心を示さずに入るのは失礼です。

一.手水舎があれば、ここで手と口を清めます。
   ※手水の作法
     @右手で柄杓の柄を持ち、水をくみ、先ず左手を清めます。
     A続いて柄杓を左手に持ち替え、右手を清めます。
     B再び柄杓を右手に持ち替え、左の手のひらで水を受け  を清めます。
       (注)柄杓に口をつけてはいけません。無作法になります。
     Cもう一度、左手を清めます。
     D最後に、柄杓を立て、残っている水を柄にそわすように流し、柄の部分を清め、
       伏せて元の位置に戻して終わります。


お参りの仕方
一.神前に進みます。姿勢を正します。
一.参拝します。参拝は『二拝二拍手一拝』の作法で行います。
   ※二拝二拍手一拝の作法(立っている場合も座っている場合も同じです。)
     @腰を九十度に曲げ、二回拝みます。
     A胸の前で両手を合わせ、二回拍手します。
     B最後にもう一回、腰を九十度に曲げて拝みます。
      (注)参拝中は、常に祈念を込め、心をこめたお参りをしましょう。


玉串の捧げ方
正式参拝ご祈祷など、社殿に入ってお参りする時は、玉串を捧げて拝礼します。
右手で、玉串(榊)の根元を持ち、左手は玉串の中程よりやや先の方を下から支える。 玉串を右(時計)回りに回して、玉串の先が神前の方に向くようにする。
両手で玉串の根元を持ち、祈念を込める。 右手を離し、玉串の中程を下から支え(左手は右手下に添えて)、玉串を時計回りに回す。そして玉串の根元を神前に向けて、案の上に捧げる。
*二拝二拍手一拝で参拝

関連ページ:神社神道の豆知識 

足羽神社社務所 0776-36-0287 http://www.asuwajinja.jp/