家庭のまつり 〜神棚は家庭の中心〜

 家庭で神棚をおまつりするのは、その家庭の幸福と安泰を感謝し、益々の御加護をお祈りするためです。 神様に感謝する心をもった生活は日本古来からの信仰です。
 神棚の無いご家庭の場合は、事情により御神札(おふだ)を柱や鴨居などの高いところにお貼りするのも、大切にする心があれば無礼にはならないでしょう。


 「御神札」をお祀りしたいけど、神棚が無くてどうしたらいいか困っている方おられませんか?
 当社では神宮大麻(伊勢神宮のお札)をお受けの方で、神棚のない方には簡易のものを差し上げています。→
 社務所までお気軽にお問い合わせ下さい。




神棚をおまつりする場所

 「清らかで明るく高いところ」「家族が拝みやすいところ」というのが最も大切です。上(2階など)を人が歩くところも好ましくありません。
そして神棚の向きは、南向き(人は北に向かって拝む)または東向きが良いとされています。

神棚のまつり方
一、まず鴨居などを利用して棚を作ります。

一、棚の中央に宮形をすえ、扉の正面に鏡、左右に榊や灯明を立てます。
    榊は神の宿る木、栄える木です。日本人は古来、森や大木などに神様が降りて来られると信じてきました。
    そのため現在でも神社は森に囲まれていますし、境内には注連縄を張った御神木が多く見られます。
一、注連縄(しめなわ)は、太い方を向って右にして掛け、紙垂 (しで)を4枚つけます。
    注連縄はここから中は神聖な処だという区切りになります。
御神札のまつり方
一、御札を横に並べておまつりするときは、中央が神宮大麻(伊勢神宮の御神
   札)、向かって右が氏神様、左がその他の神社の御神札となります。
一、重ねてお祀りするときは、一番手前に神宮大麻、順に氏神様、その他の神
   社…とします。
一、神棚には毎朝お供え物(神饌・しんせん)をします。
    神饌は米・神酒・塩・水などです。
    珍しい物や四季の初物を頂いた時は、そのつどお供えします。
一、お供えが終わったら朝の拝礼をします。
   神社にお参りする時と同じ「二拝二拍手一拝」で行います。
    詳しくは「拝礼作法」へどうぞ…。

 
(例)
古い御札の納め方
一、年間お守りいただいた古い御神札は、年の暮れに神棚からお下げして、粗末にならないよう神社に納めま
  す。
そして新しい御神札を受けてお祀りします。
    新年を迎えるにあたり、生き生きとした新しい生命力を神様からいただくためです。
    神社では、古い御神札・御守りを、正月の
左義長などの浄火で焼納します。

 ※神様と毎日生活を共にしている意識。これがある家と無い家では、安らかさが違います。
 ※宮形をはじめ、榊立て・灯台・三方・お神酒入れ等土器などの祭器具は、最寄の神具専門店で、お求め下さい。
    (量販店の物は御神札が入らない場合がありますのでお気をつけ下さい。)

                                                  関連ページ:神社神道の豆知識

足羽神社社務所 0776-36-0287 MAIL