命 名   お子様の健やかな成長を願って…    

 人生で一番最初の儀式が、生後7日目(お七夜)にする命名です。
まずは家庭で神様に子供の誕生を奉告するため、赤ちゃんの名前を書いた紙を神棚にしばらく貼っておきます。

 名前にも流行が見られますが、両親や家族の願いや新生児の人生など、いろいろな思いを込めて名前を考えてあげて下さい。

 最近は当て字など、ひと目で読めない名前が多くなっていますが、文字には意味があり、性格や人格を表すものですから、あまり好ましくありません。



命 名


 希望するお名前(使いたい字や仮名、呼び方)をご用意いされてから、社務所でお申し込みをしていただきます。
 特に希望するお名前や漢字等がない場合でも結構です。

 命名料 10,000円 
(命名書を作成してさし上げています。)


 祭典や結婚式挙式中、および混雑時には30分以上お待ち頂く事や、翌日以降
  になることもございますので、あらかじめご了承下さい。

 ◎時間外のお申し込みは事前にご連絡下さい。



初 宮 詣

 初めて神社にご挨拶するお祭りが、「初宮詣(お宮参り)です。
 誕生後、およそ三十日前後から百日の間にお参りするのが一般的で、無事の出産を神様に感謝し、今後の健やかな成長と幸せをお祈りします。


                             →初宮詣へ

その他のご祈祷や人生の節目のお祝いについては、「御祈祷の御案内」へお進み下さい。
足羽神社社務所 福井市足羽上町108 0776-36-0287